株式会社ホテル銀水荘 採用応募フォーム お気軽にお問い合わせください 株式会社ホテル銀水荘 採用専用ダイヤル
銀水荘 採用専用メールアドレス
 

会社概要

お客様と従業員。ふたつのココロを満たす場所。

日本でトップクラスのおもてなし。あなたはふれたことがありますか?
当社は日本でも有数の温泉地、静岡県の伊豆でその『おもてなし』を提供しています。
その評価は、2019年の「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」では、稲取銀水荘が“おもてなし(サービス)部門”で1位、“総合部門”2位をいただいております。
なお、堂ヶ島ニュー銀水は、「じゃらんアワード2018」泊って良かった宿大賞(接客・サービス)で101~300室部門の東海地区1位を受賞いたしました。

私たちが一番大切にしているもの、それは「おもてなしの心」です。
おもてなしは、接し方も、受け方も、人によって千差万別です。
お客様に接するとき、その場の「判断」と「想う心」が求められます。
お客様の心を考え、想い、行動する心、そして

「当たり前のことを当たり前に」
「当たり前のことをそれ以上に」

これが銀水荘、伝統のおもてなしの心です。

そして、私たちがもう一つ大切にしていること、それは従業員のココロを満たす場所であること。
お客様の心を考え、想い、行動するには、スタッフの心も満たされていることが大切です。
そのための職場環境、教育、そして寮や託児施設など従業員が働きやすい職場、安らぎの得られる住空間を目指しております。

今銀水荘のおもてなしを支えているのは、若手からベテランまで様々な年代の方たちです。
伝統のおもてなしを一から学び、お客様の心に残るおもてなしを一緒に提供してみませんか?

会社情報

企業名株式会社 ホテル銀水荘
本社郵便番号413-0411
本社所在地静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1624-1
本社電話番号0557-95-2211
設立1957(昭和32)年
資本金5,000万円
従業員310名(男性180名 女性130名/2019年1月)
売上高39億507万円(2019年7月)
事業所本社 稲取銀水荘
支社 堂ヶ島ニュー銀水
関連会社(株)リゾートファクトリー

アクセス

稲取銀水荘

堂ヶ島 ニュー銀水

沿革

1957(昭和32)年 3月

温暖な気候と豊富な温泉に恵まれた「伊豆稲取温泉」に、客室数13室60名収容の温泉旅館「銀水荘(現 稲取銀水荘)」を開業

1965(昭和40)年 12月

(株)ホテル銀水荘を法人設立
以後、高度成長期の中、真心サービスと新鮮な磯料理の提供を柱に順調に伸長

1969(昭和44)年 1月

一部客室を改造し、客室数86室451名収容の大型旅館に発展。

1973(昭和48)年 4月

多店化経営計画に依り景勝地・西伊豆の堂ヶ島に、客室数90室490名収容の「堂ヶ島銀水荘(現 堂ヶ島ニュー銀水)」を開業

1983(昭和58)年 9月

客室数119室640名収容の純和風旅館「稲取銀水荘」近代化改装が完了
常に心の豊かさを求める人々のニーズを先取りし、施設の近代化、高級化とサービスの多様化に対応すべく、「雅の心、伊豆に伝えて」をキャッチフレーズにオープン

1996(平成 8)年 3月

客室数123室682名収容、「堂ヶ島銀水荘」から店名も新たに「堂ヶ島ニュー銀水」として、グランドオ-プン
21世紀に向け新しいリゾートを提案し、堂ヶ島に「ライト感覚な近代和風」をテーマに洋と和を融合した南欧風の新しいスタイルのリゾートホテルを提供

1999(平成11)年 5月

堂ヶ島ニュー銀水が第五十回全国植樹祭レセプション会場となり、天皇・皇后両陛下(現:上皇様・上皇后様)がご宿泊される

2010(平成22)年 ~ 2012(平成24)年

稲取銀水荘の東棟10階と9階を改装し、エグゼクティブフロア「銀の栞」をオープン
2010年11月に10階、2012年7月に9階が完成

2017(平成29)年 3月

創立60周年をむかえる

2018(平成30)年 1月

稲取銀水荘の6階を7つの露天風呂付スイートルームとダイニング「銀の海」に改装(客室数100室513名収容に)
新たなダイニングでは、朝食バイキングの提供を開始

 

Twitterアイコン  LINEアイコン  

ホテル銀水荘【採用】公式SNS

 

マイナビ2020
株式会社ホテル銀水荘 採用応募フォーム

ご応募やご質問など、お気軽にお問い合わせください

株式会社ホテル銀水荘 採用専用ダイヤル
銀水荘 採用専用メールアドレス

↓